ご注意!中国語の翻訳をお考えの場合・・・

アーキ・ヴォイスでは、中国語の通訳・翻訳を提供しています。

近年、中国語翻訳はどんどん安価になってきています。
しかし、ぜひ機密事項にはご注意ください。

中国語の場合、翻訳の金額を安くするためには、
以下の二つやり方があります。

  1. 中国語の機械翻訳を使うこと
  2. 中国現地で翻訳を行うこと

しかしちょっと待ってください。
発注しようとしているドキュメントに
機密情報が入っていないでしょうか?

これまで、翻訳会社として、驚くような
トラブルを見聞きしてきました。
特に、問題になるのが「機密情報の漏洩」です。

ビデオにまとめてみました。
お時間があればご覧ください。
(お時間がなければ続けてビデオの下にスクロールしてください)

中華人民共和国

約960万 平方キロメートルの総面積は陸地面積で世界第2位、約13億人の人口は世界第1位を誇ります。人種は、漢民族が総人口の約92%を占める一方、55の少数民族を抱える多様性も持っています。



中国語の機械翻訳の危険性

機密情報の漏洩は、機械翻訳、現地翻訳でよくあります。

まず、機械翻訳についてですが、
お客様からのトラブルを聞くことがあります。

2015年2月20日付の『日本経済新聞』の抜粋をご覧ください

「インターネット上の無料翻訳サイトに
 入力した中央省庁や大手メーカーのものと
 みられるメール内容や翻訳結果が、
 ネット上で閲覧できる状態になっていることが
 20日、情報セキュリティー会社への取材で分かった。
 この翻訳サイトは、グーグルやヤフーなどの
 大手サイトではないが、約60カ国の言語に対応してる。」

ネット上には中央省庁職員が大手電機メーカー担当者に
送ったとみられるメールや省庁職員の電話番号やメールアドレスも
流出していたそうです。

これは無料翻訳サイトなどを利用した場合の情報漏洩のリスクです。


中国現地で翻訳をする場合の危険性

次に、中国現地の翻訳会社の場合をお話します。
中国現地の翻訳会社に任せると、コストは
日本の会社の半額程度になります。
弊社も中国に出張するたびに現地の翻訳会社を訪問するのですが、
機密管理が日本のレベルとは程遠く、驚くことが多いです。
実績と称して、大手メーカーのの機密文書を見せてくれたり、
個人情報を見せてくれたりします。

このような経験から、弊社が中国現地の会社を利用する場合、
必ず、現地の会社に訪問して、パソコンに使用状況まで
担当者が確認するようにしています。

機械翻訳、中国現地の翻訳、二つとも、
通常ではちょっとないくらい安く翻訳ができてしまいます。
機密情報を扱わず、安く翻訳ができれば、という場合は、
上記二つの方法が有効です。

しかし機密事項や品質が要求される場合は、
大変な事態に発展する可能性があります。

翻訳や通訳をお考えの場合、
03‐3409‐0004 にお気軽にご相談ください。
「翻訳に関して聞きたいけど」とおっしゃっていただければ
担当者におつなぎします。

翻訳の他にも、さまざまなサービスの説明をしていますので、
下記の9つのサービスをご覧ください。


中国語サービス


各分野 中国語翻訳

M&A翻訳 | 財務翻訳 | 法務翻訳 | WEB・IT翻訳 | 特許翻訳 | 医薬翻訳
技術(マニュアル)翻訳 | 論文翻訳 | 広報・印刷翻訳 | ビジネス翻訳

お問い合わせはこちらから


  • サービス概要
  • 翻訳
  • 中国語翻訳
  • 取扱分野
  • 料金表
  • 手順
  • 実績
  • 通訳
  • 中国語通訳
  • 通訳料金
  • 通訳の流れ
  • 通訳実績
  • 派遣
  • 中国語人材派遣
  • 研修
  • 中国語企業語学研修
  • 通学コース
  • 対応分野
  • 研修フロー
  • インバウンド研修
  • 進出支援
  • 会社概要
  • 会社概要
  • 所在地
  • 取引実績
  • 機密保持
  • 求人情報
アクセスマップ

[アーキ・ヴォイス]

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-7-1
渋谷S-6ビル 6F
Tel. 03-3409-0004
Fax. 03-3409-0043